無責任も見せ方次第? #山本太郎

  • 2019.07.19 Friday
  • 10:23
山本太郎の戦略は上手だな、と思う。
あの知名度を活かし、身近な地方自治体の首長選などに立候補すれば、もしかすると改革の一歩を踏み出せるかもしれないのだけど、それは選ばない。
あえて、勢力として実行責任の生じない国政選挙を選んで出馬し、数年に一度、黙っていても報道機関が集まるショーで逆張りの発言で注目を浴びる。
その逆張りの発言、国民の負担のない夢物語に対して、彼らは責任を問うことはないし、支持者も責任を問わない。

国会議員のバッチを手に入れたら、また、実施不可能な逆張りの議論で注目を浴び続ける。それで、少なくとも次の選挙、その次の選挙と、生きていくために必要なプレゼンスは獲得できる。
国家の問題は自分事ではなく、責任は常に対峙する与党側にあると喋り続ければいいのだ。

求められているのは、演劇性。劇場性。


そういった彼の処世術は「よく練られているな」と思うし、支持や投票をする一定数の有権者も、そういったショーを求めている(具体的な改善策ではなく、精神的な盛り上がり)んだな、と毎回新鮮に感じる。

そういった無責任だが役者の候補が声を上げられるところが今の日本の余裕だと思うし、こういった選挙が継続できるくらいには、今後も日本はゆとりを持っていてもらいたい。

嫌われても実行しないと行けないことを、与党の代議士は分担して実行する。
そういった多くの汗の上で、国民を楽しませてくれるエンターテイナーも容認する。
その程度のゆとりのある国政運営がちょうど良い。


1億2千万人も居るわけだし、普段の仕事でも、「無責任だな」と思う知人は誰もが一人くらいは居るはず。
その人と直接仕事をしないことは願うが、遠くから聞こえてる面白いパフォーマンスは、投げ銭程度で見られるんだからリーズナブルだと思う。
直接的に仕事や生活で係わることがないことを、願いつつ……

分離プランの功罪と中央省庁の責任

  • 2019.06.15 Saturday
  • 12:47
個人的には、無知な(調べることを忘れた)利用者を騙すように、「実質0円」といった売り方は気持ち悪かったので、端末の割引きを通信費で薄く延ばして回収することができない制度は、そこまで悪くないと思ってる。

が、しかしだ。

総務省はなぜ「分離プラン」を徹底させたいのか? 電気通信事業部長に聞く (1/3) - ITmedia Mobile
もう一度言います。端末販売業者なんですか? 通信事業者なんですか? どちらに力点を置いているんですか? という点ですね。


通信というのは、人間が勝手に空中の電波を捕まえればできるものじゃない。ネットワークと端末の両方があって、始めて意味を成すものだから、まずそういった見方をしている時点で、「待てよ、おかしな方向に行くぞ」とは思う。
標準仕様だけでは十分な品質を確保できない、インぷりの部分も含め、端末メーカーやチップメーカーと協力して作っているのが今の通信の世界。

通信だけを範疇にする(端末は外部にまるっと任せる)ことが、国家レベルでいいことなのかはわからない。
続きを読む >>

もう5年、片付けものをしている。

  • 2019.05.05 Sunday
  • 18:43
ゴールデンウィークの末期、5月5日は毎年家に居るっぽい。
そう、休みを楽しんでしまうと、疲れる年頃なのだ。

で。
毎年、この日は片付けものをしているようなんだが、まだ片付いていないんですけど!


そして、今年の前半も終わっていくのだ。
もう、5年くらい眠り続けている間に、誰かに掃除してもらうしかないんじゃないか?


さぁ、キーボードから離れて、掃除をしよう。