「軽犯罪法」が面白い!

  • 2018.01.24 Wednesday
  • 03:24
「火炎放射器を自作して公園で使用した」ことにより、軽犯罪法で逮捕されるという事件が神奈川で発生。
「火炎放射器」と「軽犯罪」という、なんとなくアンマッチな繋がりがとても味わい深い事件でした。
その他の罪状だと何があるのかな、と思いつつも、そもそも「軽犯罪法」ってなんなのかよくわからないところでしたので、調べてみると、これまたこれで味わい深いと。


軽犯罪法

軽犯罪法 - Wikipedia

Wikipediaの解説付きはわかりやすいです。
是非ご一読を。

続きを読む >>

今年もメルマガを続けます

  • 2018.01.07 Sunday
  • 00:23
「メルマガの発行」などというのも業務で抱えている都合、そういうメディアづくりがどのように行われているのか、どういう方向感を持ったらいいのか、その辺を知りたくて、知りたくて、知りたくて、震えて、手っ取り早く学ぶためには「体験が一番」ということで、昨年後半から、メルマガを発行し始めました。


世界は謎に満ちている 〜 一時徒然 - メルマ!


ネタ切れ。
この課題は本業でも抱えていて、多くのスタッフの皆さんが知恵を絞ってネタを考えてくれています。が、それでも本当にツラいことが多い!

ネタ帳を作りつつも、それでもカツカツの状態で続けています。
これ、回し始めなければ改善策もなかなか見つからないし、改善策が見つけられないのは能力がないんだろうな……と凹みますが、凹むことも仕事なのかもしれません。

ま、凹んでも、死にはしませんから、あとは一生懸命がんばるだけです。(下手は、罪じゃない。)



というわけで、こちらのブログでなんとなく興味を持ったら、メルマガの方もよろしくお願いします。


草々

ジャパンと呼んでもいい。

  • 2018.01.06 Saturday
  • 19:02
かつて、

「ジャパン」という呼称は、侮蔑的な意味合いを含む。
正しく「ニッポン」と表現するべき!


……という考え方があった気がします。イメージは少なからず持ったりしていましたが、一方で野球の世界大会では、「侍ジャパン」、サッカーでは「なでしこジャパン」など、ジャパンは抵抗感なく使われていました。
で、ちょっと調べてみれば、「ジャパン」自体には侮蔑的な意味は含まれていなかったんですね。

ジャパン - Wikipedia

語源についてもいくつかあるようです。
その辺を探っていくと、過去の世界の中の日本の位置づけ、見られ方も知ることができます。これは面白い。

一方、そもそも「日本」「ニッポン」についても語源は何処でいつからか、何処まで由緒正しいのかは明確ではないようです。
そもそも2678年前の建国の年には、まだ「ニッポン」は存在しなかったようですし。

日本 - Wikipedia

教科書にしろ参考書や読み物にしろ、日本の歴史について語るとき、例えば大化改新の645年は西暦なのか皇紀なのか、今更ながら曖昧です。(645年は西暦ですね。)
暗黙の了解として「西暦」なんだろうな、と理解はできますが、ちゃんと「西暦」とか「アンノドミニ」とか、ちゃんと書きましょう。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM