自分は大丈夫だと感じる根拠

  • 2019.03.16 Saturday
  • 14:55
人生に立ちはだかる様々な課題に対して、自分には「なんとなく、なんとかなる」という漠然とした自信がある。

その漠然を支えるのが、

「本に出会う。」

ということだ。

これまでも、自分で見つけたり誰かに教えてもらったりとパスは異なるものの、絶望の淵でこそよい本に出会ってきたと思う。

この出会いは、一朝一夕にどうにかなるものでもないところが、「手法」にしにくいところ。
しかし、今絶望の淵に立ち、これからもツラい現実と向き合う可能性に気付いたならば、是非とも、無駄になるかもしれないが本を手を伸ばして欲しいと思う。手を伸ばし続けていると、そのうちきっと、本の方から自身の手に飛び込んできてくれるようになる。

信じるなら、本を手にしよう。
しかし、信じるか信じないかは、あなた次第。

保護主義は生命活動に合致してるんじゃないのか。

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 23:14
オープンだ、グローバルだ、なんて世界の潮流が、ここにきて変わってきた気がする。
アメリカがTPPから脱退したり、イギリスがEUから離脱したり。
これまで、

「オープンは良いことだ」
「国境を越えて、自由な経済活動を目指そう」

なーんて旗振りされていたのに、ちょっとバランスが崩れると、足並みが揃わなくなる。

でも、実はそれって当たり前の事だったんじゃないのかなぁ?

続きを読む >>

手作りのコスト

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 22:55
お惣菜やお弁当、洋服などの身につけるもの、お土産品など、手作りであることを「売り」にする商品は少なくない。
工業製品よりありがたみがあるという感覚は理解できる。
一方、そういった商品が工場で大量生産された商品に、圧倒的な価格差で負ける状況が多々ある。
最近、これまでは大量生産が考えられなかった商品も、いつしか生産ラインに載っているものがある。そんな気がする。
続きを読む >>