「軽犯罪法」が面白い!

  • 2018.01.24 Wednesday
  • 03:24
「火炎放射器を自作して公園で使用した」ことにより、軽犯罪法で逮捕されるという事件が神奈川で発生。
「火炎放射器」と「軽犯罪」という、なんとなくアンマッチな繋がりがとても味わい深い事件でした。
その他の罪状だと何があるのかな、と思いつつも、そもそも「軽犯罪法」ってなんなのかよくわからないところでしたので、調べてみると、これまたこれで味わい深いと。


軽犯罪法

軽犯罪法 - Wikipedia

Wikipediaの解説付きはわかりやすいです。
是非ご一読を。

続きを読む >>

ジャパンと呼んでもいい。

  • 2018.01.06 Saturday
  • 19:02
かつて、

「ジャパン」という呼称は、侮蔑的な意味合いを含む。
正しく「ニッポン」と表現するべき!


……という考え方があった気がします。イメージは少なからず持ったりしていましたが、一方で野球の世界大会では、「侍ジャパン」、サッカーでは「なでしこジャパン」など、ジャパンは抵抗感なく使われていました。
で、ちょっと調べてみれば、「ジャパン」自体には侮蔑的な意味は含まれていなかったんですね。

ジャパン - Wikipedia

語源についてもいくつかあるようです。
その辺を探っていくと、過去の世界の中の日本の位置づけ、見られ方も知ることができます。これは面白い。

一方、そもそも「日本」「ニッポン」についても語源は何処でいつからか、何処まで由緒正しいのかは明確ではないようです。
そもそも2678年前の建国の年には、まだ「ニッポン」は存在しなかったようですし。

日本 - Wikipedia

教科書にしろ参考書や読み物にしろ、日本の歴史について語るとき、例えば大化改新の645年は西暦なのか皇紀なのか、今更ながら曖昧です。(645年は西暦ですね。)
暗黙の了解として「西暦」なんだろうな、と理解はできますが、ちゃんと「西暦」とか「アンノドミニ」とか、ちゃんと書きましょう。
続きを読む >>

同じ世代・若い世代の活躍は嬉しい。

  • 2017.07.13 Thursday
  • 20:39
……というタイトルではあるのだけど。
同世代だった吉田雄人さんが、先日の横須賀市長選挙で負けてしまって、とても残念。

活動日記 | 吉田雄人オフィシャルサイト

自民党とかその他の政党とか、そういうの感覚ではなく、やっぱり同じ時代を歩んできた世代への応援、期待っていうのは、とても大きい。これまでの2期8年、本当にお疲れ様でした、と。

そして、横須賀市議会議員選挙の補欠選挙。
こちらは、超若手の加藤祐介さんが当選。29歳ですよ! ひとまわり違う、実力派。

加藤裕介について – 加藤裕介活動報告サイト

首都圏の一極集中、というのはわかっていたけれど、品川から1時間半の横須賀市ですら、過疎化に苦しむ事態になるなんて、どうなってるんだろう? 国レベルでの都市政策が間違ってるんだろうなぁ。
いやいや、横須賀程度の距離だから、むしろダメなのかもしれない。もう少し遠ければ、諦めもつくところ。中途半端なのかもしれない。


続きを読む >>

Amazonでドラマが見られるから、やっぱりテレビなんて要らない。

  • 2017.06.02 Friday
  • 23:21
というわけで。
アニメばかり見ているんじゃなくて、立て続けにドラマを見てしまいました。
しかも同じジャンルじゃないか〜
続きを読む >>

やっぱり? 月曜はじまりでしょ?

  • 2017.01.16 Monday
  • 23:03
カレンダーは、月曜はじまりがうれしい。

週頭の曜日を変更できるデジタルなカレンダーは、できるだけ月曜はじまりにしています。
だだ、日本で市販されているカレンダーは日曜はじまりが多く、結果、日曜はじまりに囲まれる生活になっていて、コンテクスト的なギクシャクはあります。頭の切替が非常に面倒くさい。

「じゃ、大人しく日曜はじまりに合わせればいいじゃん」

って、いやいや、ことは合理性の話しなのです。長いものに巻かれる合理性もありますがね、日曜はじまりの非合理性をスルーするのも生きづらいわけです。
続きを読む >>

鏡開き

  • 2017.01.16 Monday
  • 23:02
今年は、1月11日が「鏡開き」の日だったらしい。

しかし、伝統的な「鏡開き」なんて、したことはないのです。
そして、ヒビが入ってくる様な置き方の鏡餅なんて、見たこともないというか。
こうやって、伝統は廃れていくのかな……と、思った。

   ★

どうして突然、鏡餅なのかって言うと……煎餅を食べたから。

煎餅、おかき、あられ。この違いはなんぞや?

……と調べていくと、必ず鏡餅を経由することになるらしい。
日本のお菓子ひとつだけを考えても、そこに小さな神事が見え隠れして、やっぱりこの国は八百万神の寵愛を受けているんだろうな、なんて嬉しくなった。

そこで、ちょっと試してみたい。
冷蔵庫の個別パックのお餅を袋から出し、神棚に供え、割れるかどうか試してみよう。
カビが生えたとしても、食べねばならん。
古来、発酵食品やらペニシリンやら、カビは大事なのだ。それすら、授かり物なのだと。


では、やってみよう。