一人暮らしだと寿命が短いというデータがあるらしい

  • 2019.01.19 Saturday
  • 16:03
よく聞くことではあるのですが。

寿命が縮まる「一人ぼっち」という蟻地獄 | プレジデントオンライン

いろいろな健康影響がありそうな問題を、寿命が縮まる観点で整理していくと、確かに「ひとりぼっちは短命」って外観が見えてきます。

「独り暮らしだと認知症リスクが高まる」ってのはわかりやすいかも。コミュニケーションを取らなくて済むんだから、言葉を利用することで脳が活性化することを考えるとね。
少なくとも、脳が機能しなくなるのは死んだ方がいい(という価値観)なので、そのリスクを低減する努力はしておかねばならないですね。

続きを読む >>

屋根付き駐車場は2台

  • 2017.05.07 Sunday
  • 15:29
必要だと思います、はい。
クルマは3台くらい、用途別に必要だと思います。
全て個人用です。

ひとりでこれくらいなので、配偶者や家族が居たら、これより増えます。

少なくとも私の車のうちの「サンダル」代わりのクルマ以外の2台は、屋根・シャッターありのガレージに駐車させて欲しいと思うわけです。


さぁ、それにいくら払うか。

続きを読む >>

図書館の近くに住みたいか。

  • 2016.11.06 Sunday
  • 16:01
高校の頃は、図書館の近くに住みたいなぁ……と思っていて。
学校の図書館の蔵書はかなり豊富だったのだけど、それでも、新刊の文芸書なんかは少なかったので。

最近は、会社には図書館もあるし、必要な書籍は代替手に入る、Kindleなんかも活用してしまうと、概ねの活字欲は満たされてしまっていて。
でも、最近の図書館はかなり便利になっているんですね。

◆広報よこすか(PDF)
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0120/web-book/documents/koho11.pdf

それでも、活字はなかなか読まれないんでしょう。
本を読めば賢くなるわけじゃないけど、本も読まず、自分の極周辺の人の言葉ばかりに頼り、自分の考えを深く考える生活から遠く離れてしまうと、将来は危うそうだなぁ、と思うわけで。
その上、国も貧しくなり、人の所為にする輩ばかりになると、いくら洗練されたシステムを誇る日本でも、なかなか大変そうだ、と思います。

そもそもが、自分程度の人間は中の下くらいであり、もっと立派な人がたくさん居るハズなんですが、生活している感じ、全体のレベル低いな、とも思うわけで。
こんな国に、図書館は必要なのか? ……なんて、効率性の議論もあるでしょうが、一度失ってしまった知識の蔵の復権は難しいはず。なので、守らねばならぬと思うわけです。

図書館の広報、これ、大事なことなんだよな。

チラシから想像する、憂う日本。

横須賀市立図書館トップページ


部屋を片付けよう

  • 2016.10.21 Friday
  • 20:03
「すぐに、転勤になるに違いない……」

……と思いつつ、すでに2年が経ち。
その気配も感じつつ、いやいや、そんなことなさそうだとも思いつつ。

片付けない理由を作っていたのだが、いやいや、ちょっと息苦しい。
ので、捨てます。
片付けます。

部屋が汚いのは

  • 2016.08.18 Thursday
  • 18:50
たぶん、優先順位が付いていないからだ。

・今週
・今月
・今年
・3年
・5年
・10年




節目単位で、どんな風になっていたい?

必ずしもそうなっているわけじゃない。
ただ、何もイメージしていないのは、ちょっとダメなんだろう。
相手がいるようなことは除いたとしても、何が好きなのか、どうしたいのか、ってくらいは、考えておきたい。

なんか、節目を過ぎて「何やってるんだろう」「何をやりたいんだろう」ってこと、よく考える。
自分への投資も間違っているような気がしてならん。

   ☆

本当に部屋が散らかっていて、思い浮かべるだけでもブルーになる。
で、仕事に行っても、「あ、ここをこう片付ければ……」なんて感じで、上の空になる。
捨てれば考えないことも、あるために考えてしまう。

物質的豊かさは、それと引き替えに、時間を奪うらしい。

物質的質素さと、人生(時間)密度としての豊かさを求めるよう、意識を改善したい。

できないのだけど。

土地を手に入れ、ガレージを建てる

  • 2016.08.18 Thursday
  • 17:34
なにも、家が必要なわけではないのだ。

ガレージの専門店 ガレージキット販売ならグリーンベル

土地だけを用意すればいい。
上物はプレハブやキットでいい。
住むのは近所の賃貸でもいい。


ガレージ付きの一戸建て、なんてことにこだわるから、選択肢が狭くなるんだ。
敷地面積が狭くても、ガレージだけだと考えたら問題ない。ないものだけを手に入れればいいじゃないか!
戸建てだと借り主が見つかりにくい物件でも、ガレージという希少価値の高い物件なら、借り主が見つかりそう。
その辺も考えて、不動産投資的にでも、考えてみたらどうだろう。

クルマ2台分のスペースを作れば、週末遊ぶための荷物置き場にもなるだろうから、メリットは大きいだろうな、貸すとしても。湘南の地の利だ。


今、ちょっと迷っています(^_^;

タイニーハウスという選択肢

  • 2016.05.29 Sunday
  • 13:27
実家に遊びに来ましたが、そこで、「タイニーハウス」というものがジワジワと流行ってきていると聞きました。

小さな暮らしは豊かな暮らし。タイニーハウスが日本でじわじわと浸透中。
YADOKARIスモールハウス「INSPIRATION」が出来るまで 〜旅するモデルルーム公開中〜

土地を買う。そして、家を買う。そして、設置する。
「土地を買って、そこに建てる」からは、大きな違いです。
その土地に飽きたら、通えなくなったら……そう、家ごと移動してしまえばいい。
屋根付きガレージだって作れるようで、かなりフレキシブル。
移り気な私には、いいかもしれない……


……とは思ったのです、ちょっと待て。
今の賃貸を借りた理由は何だったか。ワンルームではNGだったではないか。

「家財が多すぎる」

これです。これに尽きます。
家財のボリュームを抑え込むことができたら、もしかしたらこの選択肢はありなのかもしれません。
でも、今のところは少し無理。
精神の豊かさより、物質の豊かさを求めているのが、私の人生なのかな?
そして、それが自分を苦しめているのだとしたら……

いろいろ考えさせられます。
とりあえず、断捨離を決行しないと!