仕事が嫌だなぁ、と思ったらラッキーらしい。

  • 2019.01.06 Sunday
  • 20:14
今日の夕方、買い物のために歩いていて吐きそうになりましたね。次の長期休暇は、半年後か……(涙)

さて、とはいえ。例えばこんな記事を読んだりしているので、前向きにも考えられます。

仕事始め。「今日から仕事か、いやだなあ」と思った人はすばらしい! - 渡辺勝幸のブログ

仕事に行けること自体が恵まれているということ。
しかも、十分な待遇であること。
なにを苦しむことがあるのだろうか。

……と、私自身も理解しているのですが、やっぱり、憂鬱ではあります。
大概が、休み過ぎて感覚が鈍っているところが大きいんだと思うんです。毎日通っていれば、実は、大したことがなかったかもしれない。無理してでも、1月4日に出社した方がよかったかも(笑)

あと、現在の環境が「ツラい」と感じたら、それはそれでラッキーなんだと。

もうだめだと思うとき人は一番成長している - 渡辺勝幸のブログ

これも、このブログに限らず読むことだし、青森時代の課長にも言われてきたこと。

「ツラい? 成長してるってことだよ。
 むしろ、ツラいと感じる仕事を続けていかないと、成長が止まっちゃうよ。」

正直、成長しなくてもいいから助けて欲しいとも思いましたが、あれから5年経って、ありがたい言葉にもなっています。

最後に映画の言葉。
「必ずなんとかなる、思った通りではないけれど。」というのは、私だけではなく、一歩進めない人にはありがたい言葉だな、と思います。

松尾スズキ流生き方、「必ずなんとかなる」と学生に指南 - 映画ナタリー
(映画「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」)

いざとなったら辞職したって、きっと思う通りじゃないかもしれないけど、なんとかなる。
私にはまだ逃げ場があるんだと思って、だからそれまでがんばるとか、がんばったらなんとかなるだろうとか、そこまで深刻になることなんて、実はあまりないのだ。

   ☆

とはいえ。
「どうして嫌なのか」ということについては、細かく分析してみたいと思う。
さすれば、解決の努力によって、成長が加速できる……と、考えている。

コメント
コメントする