データ、飛ぶ!

  • 2019.02.11 Monday
  • 20:25
先に、RAIDが壊れた記事を書きました。

RAID、飛ぶ! | さわせぶろぐ 平成31年

「片方のディスクで chkdsk でのパーテーションテーブルの復旧はできたみたい。」

なんて書いて、データが復旧できた気になっていましたが、改めまして。


一部データが消失していたことをご報告いたします!


ビックリしました。
iTunesで音楽が再生できないから、まさかと思いましたが……ひとりで滅びろよ、iTunes。

【元々のディレクトリ構成】
¥
+- contents
+- library
+- photos
+- project
+- users


【復旧したとき】
¥
+- library
+- photos
+- project
+- users

 ☆

「contents」のフォルダがなくなっているのに気付きませんでした。まるごと無くなっていたからですかね。
データが完全には復旧できていなかった、というオチです。

このフォルダの下に、iTunesだけじゃなく、x-appli(ソニーの音楽管理ソフト)のデータも含まれていたんですよね。
その他、動画データなどなど……あれ、意外と被害がでかくないか?
4TBのディスク、かなり使い込んでいたはずなのに…… 400GB弱しかデータありませんけど。

ジワジワとダメージが心に広がってきています。

   ☆

音楽データですが、これまでCDを買ったり借りたりしながら、コツコツと溜め込んできていたわけです。
ファイル単位じゃなくて、コンテンツのフォルダまるごとがゴソッと無くなったのを眺めると、それはそれで清々しさすらあります。
人は、有形無形にかかわらず、オブジェクト(物理的、データ的)に縛られてきたんだなぁ、と思います。
失って感じるのは、「さぁ、これからまた、好きなものを集めよう」という前向きな気持ちです。

データだけではなく物理的なものも含め、手元にあるものを片っ端から捨ててしまうと、スッキリするのかもしれません。

自分の後ろの道は、なかったことと考える。

40代の人生にも慣れてきたことだし、いつまでもダラダラしていないで、終活に真剣に取り組めという思し召しかもしれません。どうせ死ぬんだし。

ここ数年、触ってない書籍やムック、未開封の円盤の箱たち、ミラーレスメインになってから定期的に充電をするだけになっている一眼レフカメラ。

全て捨ててしまってスッキリした方がいいのかもしれない。

通うべきところに通い、時間になったら帰り、飯を食ってウンコをする。
明日、明後日と、不平不満を漏らさず繰り返す。
蓄えもせず、縛られず、負担を感じたら辞め、日照りの際は汗を流し、財布が寒い夏にはオロオロ歩く。
ケセラセラ、思う通りじゃないけれど、なんとかなる毎日。

そういう生き方をするタイミングなのかもしれない。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM