限定品に弱いのはなぜなのか?(まだ答えなし)

  • 2018.08.19 Sunday
  • 14:24
部屋が片付かない。
その中に、「●●年記念」「会場限定」「期間限定生産」などの限定グッズがたくさんあり、これが幅を利かせる。
一定のワークスペースがなくなると、整理整頓の時間効率も下がり、その後は地獄のようなスタックとなる。

どうしてこれを捨てられないのか。
過去に一旦、割り切ったときがある。

・オリジナルこそが至高。
・自分が作った(撮った)ものでなければ、世界のどこかにコピーがある。
・商品の価値は、材料の価値もしくは市場価値。
・オリジナルの価値だけ、自分で決めればいい。


おい、未開封で積んであるBDボックス!
それは何のために積んであるんだ?
それはオリジナルではない。
コレクションって、どこかで借りられるものじゃないのか?
その価値は、Amazonで調べられるんじゃないのか?

で、ならどうして処分できないのか。
このハッキリしない自分に見切りを付けて、涅槃に旅立ちたいところだ。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM